menu

ブログ

耐震リフォームしたほうがいい家

近年、地震対策を考えている人も多くなってきました。

ご自宅で、家具や家電が倒れてこないように対策している人は多くいるのではないでしょうか。

ですが本当に大事なのは、家本体の地震対策なのです。

 

過去の大地震で倒壊した建物は、耐震リフォームをしていない、旧耐震基準で建てられた建物が大半だと言われています。

この先、安心して暮らしていくには、耐震リフォームをすることがとても大切と言えるでしょう。

 

では、実際に耐震リフォームをしたほうがいい家はどのような家なのか見ていきましょう。

 

まずは老朽化が進んでいる家です。

水回りなどが老朽化していて、一度も補強工事などをしていない家は注意しましょう。

 

2つめは、旧耐震基準で建てられた家です。

具体的には1981年以前に建てられた家になります。こちらも一度も補強工事をしていないのなら耐震リフォームを行いましょう。

 

3つめは地盤が弱い家。

建物が老朽化していなくても、地盤が弱いと地震に対する耐性も弱くなります。

地盤を強くするのは難しいですが、耐震リフォームで建物の強化をしましょう。

 

4つめは不安定な家。

不安定な家とは、2階のほうが1階よりも広いようなデザイン重視の家です。建物時自体のバランスが悪いので耐震リフォームで建物を強化しましょう。

 

最後は1階の強度が弱い家です。

1階の一部が駐車場や店舗の建物は、壁が少ないので耐震強度も弱くなります。1階部分の耐震リフォームをしましょう。

 

株式会社 吉富工務店では京都市を中心に、リフォーム、新築、水回りなど小さな工事から大きな工事まで承っております。

地震対策もやっていますので、お気軽にご連絡ください!

 

お問い合わせはこちら

2020.03.20

対応エリアイメージ

対応エリア

京都市を中心に京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、八幡市、木津川市、京田辺市、向日市、南丹市、相楽郡、与謝郡、船井郡、久世郡、乙訓郡、綴喜郡などに対応しております。
その他の地域もご相談下さい。

ページトップへ戻る