menu

ブログ

民泊事業で必要になるリノベーション費用

エアービーアンドビーを始めとする民宿サイトを通じて、個人宅や民泊用にリノベーションした住宅を貸し出すサービスが普及してきました。オリンピック開催を控えている日本では、民泊事業は非常に伸び代がある分野だと言えます。

今回は、空き物件を民泊として貸し出すために必要となるリノベーション費用についてお話ししたいと思います。

 

民泊ビジネスは、どのようなサービスを提供するかも大切ですが、利用客を増やすためには心地よく暮らせる空間づくりが重要です。そのためには、古い住宅を古いまま貸し出すのではなく、リノベーションを行ってから貸し出す必要があります。

 

民泊として魅力的な住宅へリノベーションするためには、最低でも150万円ほどの料金が必要になります。もちろん100万円以下でできるリノベーションもありますが、利用客が集まらなければ意味がないため、多少お金をかけてでも魅力的な住宅づくりを行いましょう。

 

京都を中心にリフォームを行う吉富工務店では、民泊のためのリノベーションも対応しています。リノベーションを考えている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

2020.05.20

対応エリアイメージ

対応エリア

京都市を中心に京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、八幡市、木津川市、京田辺市、向日市、南丹市、相楽郡、与謝郡、船井郡、久世郡、乙訓郡、綴喜郡などに対応しております。
その他の地域もご相談下さい。

ページトップへ戻る